fbpx

高校の出展は初!大阪モーターサイクルショーに出展する熊本県立矢部高校二輪車競技部に注目!

2022年3月19日〜21日にインテックス大阪で開催される「第38回大阪モーターサイクルショー」。3年ぶりの開催となる今年のショーに対する主催者(日本二輪車普及安全協会 近畿ブロック)の意気込みもさることながら、ショーに出展する企業・団体、バイクが好きなユーザーにとっても待望の祭典だ。

そこで今回、特に注目したいのが、大阪モーターサイクルショーに初出展となる熊本県立矢部高校(以下、矢部高校)二輪車競技部だ。高校としては初めての出展となる彼らと、それを応援する学校、それぞれの想いを伺った。

 

「乗せて指導」の教育方針に至ったきっかけは?

矢部高校では、2年生から希望する生徒”全員”が原付の免許を取得することができる特異な高校だ。30年以上前から地元の山都警察署による協力のもと、矢部高校の教室で原付免許の学科試験も実施されている。

矢部高校のある山都町の居住地域は標高200m~900mとかなりの高低差があり、通学や買い物などといった普段の生活の足として原付が必要とされていた。そのため、他地域では「3ない運動」が進められ、免許取得が通学生のみに限定される高校が増える中、熊本県内でも矢部高校のみが「希望者全員に原付免許の取得を認めている高校」となっている。

また、林業科学科では学校から10kmほど離れた場所にある演習林に、生徒は原付移動が許可されている。授業などで終日実習を行う場合は自宅から直接、原付で演習林に行く、現地集合、解散も実施されている。

このようなことから、矢部高校の交通安全指導は「乗せて指導」を方針として、定期的な実技指導や法規研修を実施しながら交通社会の一員としての生徒の自覚を促し、卒業後も安全に運転することができるような教育が実践されている。

生活環境を背景とした原付の必要性が、地元警察や学校、生徒や家族の理解も動かしたのだった。

 

25年の歴史を誇る二輪車競技部

MOTOINFO編集部(以下、編):二輪車競技部の設立の経緯を教えてください。

もともと、地域のバイク愛好家で作る「矢部ツーリングクラブ」が二輪車安全運転全国大会を目指して一般クラスで県大会に出場しながら、知り合いの矢部高校の生徒を練習に誘って高校生クラスで出場させる取り組みを35年ほど前から行っていました。

平成3年には高校生クラスで全国一位になる生徒もおり、矢部高校としてもこの取り組みが安全運転教育につながると考え、競技の一部を取り入れた“原付クラスマッチ”を2年生対象に開催するようになりました。

平成8年に当時在籍した教員が地域のツーリングクラブの取り組みを部活動にしてはどうかと発案し、当時の校長が部活動の活性化を目標に掲げていたことと相まって「二輪車競技部」が正式な部活動として成立したのです。

 

編:保護者や教育委員会、周辺住民、地元警察などの理解はどうだったのでしょうか。

25年も、二輪車競技部が活動し、全国大会でも優秀な成績を収めていることもあり、山都町内での二輪車競技部の認知度は高いです。県教育委員会も本校の取り組み(免許取得、部活動)は評価しています。また、警察も免許取得や交通安全教育に協力していただいています。二輪車競技部に限らず本校に通う生徒の保護者の理解ももちろんです。

 

編:なぜ今回、大阪モーターサイクルショー出展に至ったのでしょうか?

今年の2年生は入学時からコロナ禍の影響で休校や分散登校、部活動の自粛など2年間十分な活動ができませんでした。加えて、唯一の公式戦である二輪車安全運転大会の県大会、全国大会の中止が続き、令和4年度もすでに中止が決定しています。

今回、このイベントが開催されることを知り、2年生にとって高校生活唯一の大きな活動になることを期待して参加を決定しました。

また、生徒募集や学生寮の運営、学習活動、部活動、通学支援など本校の活動や生徒に対して山都町からたくさんの支援をいただいています。今年度からその財源の一部として“企業版ふるさと納税”を活用することになり、今回のイベント参加企業にこのことを周知し、寄附をおねがいしたいと考え参加を決定しました。

多くの来場者に、県立高校がバイクの部活動を有し、安全運転技術を高める取り組みをしていることをPRし、矢部高校と二輪車競技部の名前を広く周知したいと考えています。また、生徒と二輪車関連企業などの業界の方々とのつながりを作り、高校卒業後も二輪車の魅力を伝え、安全運転の普及に貢献できる生徒の育成の一助となるような3日間になればと思います。

 

長年の「乗せて指導」が実り昨年からは普通自動二輪免許も取得可能に

続いて、二輪車競技部の主将である岸本怜旺(きしもとれお)さん[林業科学科2年]にもお話を伺った。

編:二輪車競技部に入部したきっかけは?

私は大阪出身なのですが、高校進学を考えているときに、地方の高校に3年間“留学”する取り組み「地域みらい留学」の合同学校説明会イベントが大阪で開催されることを母から紹介されました。もともとボーイスカウトをやっていて、アウトドアや自然環境保護などに興味があったため、会場で説明を受けた矢部高校の林業科学科に興味を持ちました。

二輪車競技部もこのときに存在を知りましたが、入学時までは入部するとは考えていませんでした。高校入学後にクラスの取り組みで全員が何らかの部活動にできるだけ入部しようということになり、二輪車競技部に興味があったため入部を決意しました。

 

編:二輪車安全運転全国大会にはどのような想いがありますか?

二輪車安全運転大会は、私が入学してから県大会も含めてすべて中止となり、残念ながら出場することは叶いませんでした。2学年上の先輩が最後の出場者で、今回の中止決定を知りショックを受けています。

 

編:「乗せて指導」の教育方針である矢部高校に入学して良かったことはありますか?

私は、高校近くの学生寮に住んでいるため通学などの不便はありませんが、免許を取得し原付を保有したことで、友人と一緒に町外の大型ショッピングモールへ遊びに行ったり、普段の買い物や外食の移動手段に使ったりと、より便利な生活ができていると実感しています。部員の中には15km近くの道のりを原付で通学している生徒もおり、バス通学だと旧道のルートを通るため1時間ほどかかる通学時間を短縮することができるなど、「乗せて指導」のおかげで多くの生徒がその恩恵を受けています。

また、全国大会の女性クラスで使用する競技車両が原付一種から原付二種に変更されたことや、部活動の安全運転技術向上等の取り組みが学校に認められ、二輪車競技部の生徒だけが昨年度から自動二輪車の免許取得も可能となりました。このことは、長年「乗せて指導」を行ってきた矢部高校だからできることであると考えていますし、矢部高校に入学して良かったと点の一つです。

 

編:大阪モーターサイクルショー出展に対する意気込みがあれば教えてください。

大阪出身ということもあり、先生からこのことを聞いたときは、非常に嬉しく思いました。令和4年度の全国大会中止が決定し、私たちの学年では安全運転大会での実績を一つも残せなくなることがわかっていました。そのため、唯一の部活動の対外イベントとなる今回の大阪モーターサイクルショーで、二輪車競技部のPRや参加企業との交流ができることを期待しています。

本校のブースでは、二輪車競技部の活動写真や動画の紹介、パンフレットの配布などを行う予定です。ぜひ多くの人と交流し、全国募集をしている矢部高校に全国から二輪車好きの生徒を集めることができるように頑張りたいです。

 

二輪車安全運転全国大会2019出場時

 

全国的に、今も根強く残るバイクの「三ない運動」によって起こる弊害として、学校に隠れて免許を取得し交通事故に遭遇してしまっているという実態もある。そしてまた、乗らないことを前提としているためバイクの安全運転教育が実施されていない現実もある。しかし矢部高校では、全生徒の免許取得状況をしっかりと把握し、その上で「乗せて指導」の教育方針のもと安全運転教育が徹底している。

在学中から適切な安全運転教育がなされることで、卒業後のクルマにおける初心運転者事故削減や、生涯に渡り事故を誘発させない・事故に巻き込まれない交通社会人の育成にも寄与していると言える。

「乗せて指導」する熊本県立矢部高等学校 二輪車競技部の生徒たちが、大阪モーターサイクルショーでいったいどのような内容の出展を行うのか、期待せずにはいられない。

 

矢部高校を応援しに第38回大阪モーターサイクルショーに行こう!

開催期間:2022年3月19日(土)〜3月21日(月・祝)10:00〜17:00

会場:インテックス大阪1・2・3号館

会場住所:大阪市住之江区南港北1-5-102
※駐車場・バイク駐車場には駐車台数に限りがあります。事前にアクセス方法をご確認の上ご来場ください。
※大阪港 咲洲トンネルは、125cc以下のバイクは通行できませんのでご注意ください

Googleマップ:https://goo.gl/maps/dmkStBuDhYbPgcX77

入場料:大人1,700円、高校生以下 無料
※おからだの不自由な方は本人と介助者1名まで入場無料(要障がい者手帳提示)

上限来場者数:34,000名
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため入場者数に上限が設けられています

購入方法(インターネットのみ):入場チケットは、オフィシャルサイトのみで販売する「電子チケット(QRチケット)」となります。詳しくはチケット情報をご確認ください
※今回はコンビニエンスストア、バイクショップなどの店舗での販売、及び会場での当日券の販売はありません
※会場での当日券販売はありませんが、ご来場希望日に空きがあれば、ご来場当日でもホームページからQRチケットをご購入いただけます

 

しかも、高校生は入場無料!!

なお、今年の大阪モーターサイクルショーは高校生以下の入場が無料となります。

入場にはQRコード(無料券)が必要となりますので、購入手順をよくご確認いただいたうえで取得し、矢部高校を応援しに行きましょう!

熊本県立矢部高等学校

https://sh.higo.ed.jp/yabesh/%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8

熊本県立矢部高等学校「矢部高校 二輪車競技部」

https://www.youtube.com/watch?v=JCOzo7lg104

日本二輪車普及安全協会「梅本まどかの『輝く女性ライダーインタビュー』第5回のゲストは熊本県立矢部高校『女子高生ライダー』通学時に心掛けている安全運転の心構えとは!?」

https://www.youtube.com/watch?v=yjlvkMiLo4g